柑気楼(かんきろう)も効かない?髪の毛に悪影響必至な春と夏にはご注意を! - 【薬用育毛剤】柑気楼 通信販売インターネットお申し込み窓口

柑気楼(かんきろう)も効かない?髪の毛に悪影響必至な春と夏にはご注意を!

紫外線やエアコンの悪影響を受けやすい春と夏


s-080442.jpg
   髪に限って言えば
   心掛けが必要な季節と言われるのは、
   何と言っても春・夏ですね。

   外気温の原因もあり、
   汗や皮脂が頭皮に詰まりやすくなり、
   髪に損傷をもたらす紫外線が
   強力になる季節なんです。

今では当たり前のことのように認識されていますが、紫外線とエアコンによる乾燥は髪の毛の天敵です。紫外線は水と組み合わされたときに、深刻なまでにその結果がでてくるのです。夏シーズンのプールや海岸では髪がぬれたまま紫外線を受けないよう出来る範囲でガードしましょう。

日頃の生活でも、家の外へ出る時は意識的に帽子をかぶり、髪を束ねたりして、紫外線をうける広さを小さくするという調整がベストですね。いくら柑気楼(かんきろう)の育毛剤をつけても、紫外線などを防御しないと無意味なものになってしまいます。

また夏には欠かせない冷房がついている部屋はビックリするほど乾いているので、髪の潤いが驚くほど無くなっていきます。髪の毛のキューティクルも取れやすくなってしまいます。このことも枝毛や切れ毛を誘発して、結果として抜毛の原因になってしまいます。

そのキューティクルは外的な負荷から髪の内側を保護するので、毛髪の外側はうろこ状に重なりあっています。上部そうにみえますが、摩擦や熱、紫外線などのインパクトを浴びると壊れやすくなるんです。加えて、ひとたび傷ついたり、はがれたりしてしまうと復元ができないのです。

そして、キューティクルがダメージを受けると髪の毛の寿命がまたたく間に減ってしまうんです。抜毛などのトラブルを誘発させるというようなケースにもなるので充分心がける必要があります。

キューティクルが傷つく最大の理由は、紫外線やエアコンによる乾燥以外に、荒っぽい洗髪や無茶なブラッシング、ドライヤーを夏時期に利用するといった物理的に負荷をかける行動、パーマや髪染めなどに使われる液体による作用も見落としてはいけません。

087412.png

健やかで魅力のある髪を維持するには、地肌を水分たっぷりに保つことも重要な要素になります。地肌つまり頭皮の健康を維持していくには、髪と頭皮を衛生的に維持しながらうるおい感と脂分をまかない、更に毛根の代謝活動をアップさせることが、重要になると言えるのではないでしょうか。

十分に頭皮を洗い流すこともとても肝心なことだといえます。
頭皮に皮脂やアカ、皮脂にくっついたホコリなどが残ったままのだと、毛穴をふさがれて、毛髪の発育が妨害されることがあります。重ねて、微生物が原因となって皮脂が砕かれて攻撃物質に一変することで毛根に良くない影響を及ぼすこともあるのです。そのため、当日の汚れた状態を放っておかず、その日のうちにシャンプーしておくことが肝心なのです。頭皮を力を入れすぎずに、きちんと汚れを落とせば、頭皮の血流増進作用も活発になりますね。

髪が水分を含んで、膨らんだスタイルのままでドライヤーをかけると、髪の毛を傷つける要因になるのです。ドライヤーをかける前にタオルでなるべく水気をとっておくようにしたいものです。このようなアクシデントから髪を守るためにも、潤いを保てるシャンプーやリンス、トリートメントを利用して髪の毛に潤いを与えておくことは当然のこと、毛髪を守るコート剤やクリームなどでさらに髪の表面を保護することもやっておくと春・夏の時期はきっと乗り越えられますよ。


かんきろう.ボトル.png

>>柑気楼(かんきろう)シリーズ

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 【薬用育毛剤】柑気楼 通信販売インターネットお申し込み窓口 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート