柑気楼(かんきろう)の正しい活用方法はどうすればいいのでしょうか。 - 【薬用育毛剤】柑気楼 通信販売インターネットお申し込み窓口

柑気楼(かんきろう)の正しい活用方法はどうすればいいのでしょうか。

柑気楼の正しい活用方法


まずはじめに、シャワーを浴びたあとお風呂に入る際に、頭にお湯をぬらしてから湯船につかりましょう。(頭皮の血のめぐりを高めるため)

その後、シャンプーしてから、風呂から上がって髪の毛をタオルでしっかりと拭き、ドライヤー等で十分に乾かしてください。安心してくださいね!ドライヤーで乾かしても、髪の毛や頭部の肌を傷つけることはほぼないようです。マイナスイオンのドライヤーの方がオススメ。逆に、髪を充分乾かさず、何もしないで濡れたままで育毛剤をつけて就寝したりすると頭皮を傷つける要因になるので意識的に乾かすようにしましょう。

髪が渇いたことを確認したら、柑気楼(かんきろう)が直に頭皮に届くように吹きかけるます。生えぎわや頭のてっぺん等々気に掛かるポイントを意識的にやってください。

柑気楼(かんきろう)を頭肌につけたのち、ぜひやってもらいたいことがあるんです。
それは....頭皮のマッサージなんです。とはいえ、柑気楼をつけた直ぐ後はまだまだ毛穴の中に液がしみ込んでいないので、10分くらい時間を空けてから両指でマッサージをすると効果的です。

製造元のはぴねすくらぶのお勧め期間は、使用日数を「最低でも6ヶ月」と表記しています。
薬用とはいえ柑気楼の効き目は、いきなり特効薬的な威力を発揮するものではありません。
一喜一憂せずに永続的に使用を続けることが発毛の秘訣と言えるのではないでしょうか。

087737.png

柑気楼には、効果が見込めるポイントがあります。 一回で大量につけるより一日に2回以上を辛抱強く利用することをオススメします。 柑気楼(かんきろう)は医薬品とは異なるため、使用容量に制約はないのですが、豊富につけても、作用が早まるということはないのです。
それ以上に、日々の習慣として取り組んだほうが効き目が高まります。 お風呂上りに、髪と頭皮の水気をしっかりとにふき、念入りに乾かして利用してください。 知っておいて頂きたいこととして、濡れて充分乾ききっていない頭では細菌が増殖し易くなり、柑気楼の効き目が望めなくなるからなのです。

つける際の時間帯は、朝出掛けに髪を整える前、さらに、夜のお風呂上りあとで、とても効果が期待できます。


かんきろう.ボトル.png

>>柑気楼(かんきろう)シリーズ

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 【薬用育毛剤】柑気楼 通信販売インターネットお申し込み窓口 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート